ヨールキパールキ

ヨールキパールキ新作【L教会と異端者一家】1話ネタバレ

L教会と異端者一家

第1話 ログノフ教会の淫らな告解室

 

北の僻地にあるログノフ教会。

ここは特殊な宗教で、肉欲は悪ではなく、吐き出すようにお手伝いをしてくれる教会だった。

今日も神父の父は、シスターである母が信者の犯されているところを見ている。

そして息子の僕も母の淫らな声を聞きながら欲望を吐き出していた・・。

無料試し読みはこちらをタップ

1話ネタバレ

ここは北の僻地にあるログノフ教会。

ここには信者が懺悔にくる。

 

ーーそして●してしまったと。

 

はい・・。

 

この教会は変わった宗教で、肉欲は吐き出すことで清められるんですよ。

ここのシスターがお手伝いしましょう。

 

そこには下着から愛液をたらし、淫らに息を切らせるシスターがいた。

 

なんて気持ちいいんだッシスターのアナルでイケるなんてッ!

 

あぁんッはっはっ・・ッ気持ちいいい・・♡

 

もう出る・・っ!

うう・・アナルに出したのにまだ収まらない・・!もう一回させてくれ・・!

 

いいですよ。ただし後ろの孔だけですよ。そのシスターは私の妻なので。

 

あぁん、はぁん、、

 

教会の外にまで甘い声が漏れていた。

それを聞いていた息子のアリークは、いけないと思いながらも母親の声を聞きながらオナニーをしていた。

 

(白いのでちゃう・・白いのもうでちゃう・・ッ!)

 

すると背後から手が伸びてきて、アリークの口元を押さえながら呟いた。

 

見つけた。

 

そこにいたのは姉だった。

アリークを庭の小屋に連れ込み、アリークの勃起したチンコにイタズラし始めたのだ。

 

お母様の喘ぎ声を聞いてこんなにチンコを大きくしちゃったの?悪い子ね。

 

そう言うと姉はアリークのチンコをしゃぶりだした。

アリークはいけないことだとわかりつつも姉にされるがままとなり、気持ち良さを我慢するのに必死だった。

しかしアリークは姉にフェラをされ、あまりの気持ち良さにすぐにイってしまった。

 

姉ちゃん、もっと・・。

 

しかし姉は決して挿入はさせてくれなかった。

もうお父様との授業の時間なの。

アリーク、いいことを教えてあげる。

母様は信者とはアナルでしかやってはいけないと言われているの。だから懺悔が終わった後はいつも一人で慰れているのよ。


無料試し読みはこちらをタップ

感想

俺の一番大好きなヨールキパールキさんの新作。

やっぱエロいね。めちゃ興奮したわw

最初に母親がアソコ濡らしながら欲情した表情で立ってるところからたまんない。

アナルであれだけ気持ち良さそうにしてるところもたまんないね。

母親はドM。姉はドSって感じかな。

まーとりあえず一回抜いときましたわw

ヨールキパールキはハズレがないからまじで好き。

金が無駄にならないのがまじでいいw

みんなも読んでみて。


無料試し読みはこちらをタップ