ヨールキパールキ

軍隊式性欲管理【おすすめエロ漫画】1話ネタバレ&無料立ち読み

 

軍隊式性欲管理

第1話 性欲管理部大尉 ダリア・ミラー

 

軍隊で働くってすごい。俺には絶対できないから尊敬。

 

でも気になるのは性処理。

 

女いないからずっとオナニーのみ。、?

 

ヨールキ・パールキさんの「軍隊式性欲管理」は、「性欲管理部」の大尉が性欲管理してくれる話。

 

性欲管理部って名前いいよね。笑

 

ヨールキパールキさんのエロ漫画だから間違いないよ。

 

無料立ち読みはコチラから

1話ネタバレ



ここはある軍隊の性欲管理部。

 

軍隊で働く男性達がフラストレーションが溜まって変な行動をしないように、性欲を管理する部隊だ。

 

ここにはダリア・ミラー大尉と補佐官の僕しかいない。

 

基本的に2人1組で行動する。

 

大尉、新しい任務の連絡が来ました。

 

ありがとう。次は3日後から1ヶ月か。

長いわね、あなたも体調を整えておくように。

 

ぼくはここに所属になってまだ2ヶ月。

 

だから大尉がどういった経緯で性欲管理部になったかは知らない。

 

でも性欲管理のには厳しい規約がある。

 

・記録と大尉の安全のため、毎回付きそう

 

・予定はシフトで管理されており、射精日になったら大尉の部屋を訪れる

 

・膣内、肛門への挿入は禁止

 

・性欲管理が甘くて問題行動が起きないように、隊員の性癖に合わせた対応をして完全に性処理をする

 

ということらしい。

性欲管理部が出来てから、射精日まで禁欲する者が増えたらしい。

 

今日から任務先に来た。初日から性欲管理部の仕事は始まる。

 

大尉、、今日が楽しみすぎてずっと禁欲してました。

 

そういうと隊員は、大尉の服を脱がし胸をもみ、ズボンの中で痛いくらいに勃起したチンコを大尉に押し当てた。

 

わたしばかり気持ちよくしてもらってもだめだわ。

あなたのことを気持ちよくしてあげるからベッドに横になって。

 

すると大尉はズボンからチンコを出し、しごき始めた。隊員はチンコをシゴかれながら、大尉の胸を舐め回した。

 

本当に私のためにためこんできてくれたのね、、

すごく我慢汁があふれてる♡

たくさん出してスッキリしてね

 

隊員はすぐにイってしまった。

 

つぎは隊員の上に跨りながら言った。

 

ここを、私のマンコだと思って挿入れていいのよ・・♡

もっと気持ちよくなりましょう・・♡

 

大尉、、っ!

 

すると隊員は激しく腰を振り始めた。

 

(あぁ、これ思った以上にクリがこすれて私もイッちゃいそう・・)

 

あぁ、、いく、、、!

 

隊員は二度目の射精をした。

 

いっぱい出たわね・・♡綺麗にしてあげる・・♡

 

大尉はお掃除フェラを始めたが、隊員はまたそれに興奮し固く勃起させてしまうのだった。

 

大尉、気持ちいい・・ッもうイキますッ・・!

飲んで下さい、、!

 

濃いのいっぱいでたわね♡

また次の射精日までたくさん溜めてきてね・・♡

 

こうして隊員の性処理は完了した。

 

無料立ち読みはコチラから

オススメポイントと感想

 

ダリア・ミラー大尉が何でもしてくれるところ。

 

フェラもスマタも精子飲むのもお掃除フェラもしてくれる。

 

あんな豊満なボディの可愛い人が性欲管理してくれるなら、俺も1ヶ月分くらいためるわw

 

嫌がったりなくて、エロいこと言いつつ、一緒に感じてくれるのもいいよね。

 

義務的なやつだとまじ萎える。

 

大尉、ありがとう!

 

俺の精子の処理もおねがいしますw

 

無料立ち読みはコチラから