エロマンガ

【エロ漫画】夫に言えない痴漢セックス1話:痴漢の正体が教え子で…

 

夫に言えない痴漢セックス~通勤中、電車で教え子と繋がって

1話 痴漢されてるのに…抵抗できない

 

痴漢したことある人ー?

そうそういないか。w

 

痴漢したい人、痴漢モノ読んで我慢しようね。

 

「痴漢セックス」で検索して無料立ち読みしてみる

1話ネタバレ

 

翔子は夫の信彦と結婚してから、子作りのためのセックスばかりになっていることに愛を失っていた。

 

今日こそ種付けしてやったぞ!これで子供できるだろ!

 

こんな会話ばかりで義務的なセックスとなり、苦痛を伴っていた。

 

そんな翔子の息抜きは仕事に行くことだった。

 

特に吉村君は可愛いい癒し系の優等生で、話すととても和む子だった。

 

仕事が終わり、いつも通り満員電車で自宅に向かって帰っていた翔子。

 

あぁ、疲れた。家に帰るのもいやだな〜

 

そんなことを考えていると、翔子の太ももからお尻にかけて手が当たっているのを感じた。

 

嘘・・痴漢?声出さなきゃ。でも怖くて声がでない・・

 

すると何も言わない翔子に対して、痴漢はクリトリスと膣内を一気に触り始めたのだ。

 

翔子はこのままではいけないと思い、恐る恐る後ろを振り返った。

 

するとそこには、さっきまで話をしていた吉村がいたのだ。

 

吉村君・・?何してるの?やめなさい!

 

先生、僕先生のことがずっと好きだったんです・・!!

 

そして吉村はさらに行為をエスカレートさせていったのだった。

 

「痴漢セックス」で検索して無料立ち読みしてみる

おすすめポイント

 

実は先生のこと好きだったんです!!って言って、痴漢しだすところw

 

若くて勢いあるわーw

 

発想がいいよね。好きです!だから触っちゃお!ってやつ。

 

俺もこれくらい勢いあればなー。w

 

翔子は初めての痴漢で怯えてるけど、相手が吉村ってわかってどう変化すんだろ?

 

可愛い教え子とのイケナイ体験はスリルがあるよねー。

 

電車の中、教え子、弄られまくる・・

 

はい、大好物キテマス。

 

続きが気になるからさっさと読んでくるよ。

 

これ、新作だから読めるサイトが限られてるんだ。

ブッコミなら読めるから興味ある人は立ち読みしてみてね。

 

「痴漢セックス」で検索して無料立ち読みしてみる

1話感想

 

子作りのためのセックスってよく聞くよねー。

 

確かに辛いよね。お互い。

 

こっちだって種植えるために仕事してんじゃねーって思うけど、周りの目とかプレッシャーもあるしね。

 

できない原因が俺だったら結構辛い・・

 

あー考えるのやめよ。結婚怖い。

 

俺はまだまだいいやw

 

「痴漢セックス」で検索して無料立ち読みしてみる