エロマンガ

【エロ漫画】無視せざるを得ぬ町…っ!2話:何度も中出しされ絶頂

 

無視せざるを得ぬ町…っ!

第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その2

 

【エ 漫画】無視せざるを得ぬ町…っ!1話:クラスメイトを犯す【エ 漫画】無視せざるを得ぬ町…っ!1話紹介するよ。昔住んでいた大好きな町に戻ってきたら、村中から無視されるようになってしまった。「早く出て行け」そう言われていたが、主人公の男は無視されていることを利用して、町中の女を犯すことにしたのだ。...

かなり面白いよね、エロ漫画。

絵もグロくないし話も結構いいかんじ。

 

会員登録なしで無料立ち読みできるから気になる人はここから。

無料立ち読みはコチラ

2話ネタバレ


先生が言った。

「コホンッ・・、今日の朗読担当の人、朗読をしてください。」

 

今日の担当は真由子だった。

 

真由子は返事をし、抜けた腰をなんとかあげてテーブルにもたれ、お尻を突き出すような格好で朗読を始めた。

 

すると男はパンツをずらし、またマンコを弄り始めた。

 

ねぇ、まだ欲しそうにヒクヒクしてるけど?

俺のチンポ欲しがってるよね?入れていい?

嫌なら言って?俺、無理やりとかしたくないから。

 

でも真由子は答えることができない。。

 

(お願い、それだけはやめて・・・)

 

心の中でつぶやくが、男には届かなかった。

 

何も言わないってことはOKってことだよな?なんだかラッキー♡

 

そして処女マンコに無理やり挿入した。

 

真由子は嫌だと思いつつ態度に出すことはできず、むしろ快感に飲まれていった。

 

痛い、、体が裂けちゃう・・!やめて・・

でも何かくる、、怖い、、あッイっちゃう・・・!

 

真由子は潮吹きした。

 

それでも動きは止まらず、子宮の奥を何度も突かれるため、何度も絶頂した。

 

俺まだ1回もイってないのに何回いくんだよ。

お前の子宮が俺の精子で溺れるまで中出ししてやるよ。

 

そう言って何度も真由子の子宮の中に精子を注ぎ込んだ。

 

真由子はもう声を抑えることができず、ただただ喘ぎ続けるだけだった。

 

無料立ち読みはコチラ

おすすめポイント

 

バックから好き放題責め続けられる真由子に注目!

 

クラスのマドンナ的存在の真由子。

 

好き放題ヤラれてます。

 

もう立ち上がった姿勢が、「挿入してください」って格好にみえなかった?w

 

そりゃあんなプリケツを突き出されたら、、ね。

 

一応無言の肯定してたしね。w

 

潮吹きまでして、みんなに見られて興奮しちゃったかなw

 

初めてで潮吹き、才能あります。

 

途中でクラスメイトの男子の、走馬灯のように真由子を振り返るシーンがなんとも切なかった。w

 

無料立ち読みはコチラ

2話感想

 

中出しされまくってたねー。

 

途中でスイッチ入っちゃって、

 

あぁ、、♡んッ♡はァ、、♡

 

ってもう声止まらなかったもんね。w

 

あー俺も巨乳のマンコに中出ししてー。w

 

たまってるなw

 

無理やりなのに、嫌悪感なく興奮して読めるのがありがたい。

あんまグロテスクだと読む気なくなるww

 

まろん☆まろんさん、いい仕事してます。

 

全話よむよ。

 

気になる人はここからよんでみて。まじオススメ。

無料立ち読みはコチラ