チンジャオ娘

【エロ漫画】ガリガリ娘を拾ったら【チンジャオ娘】1話ネタバレ

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

第1話 雪の降る夜に出会った少女はパスタを食べたことが無いと言った

 

大人気のチンジャオ娘さんの。

エロ漫画読むならチンジャオさんのは読んでおいて損なし。

 

エロ漫画読むならブッコミ。

会員登録なしで無料立ち読みが充実してるよ。

無料立ち読みはココから

1話ネタバレ


ナナは親からネグレクトと性的虐待を受けていた。

 

今日も無表情で父親が果てるのを待つ。

 

お腹すいた・・というと、父親からビンタが飛んできた。

 

ヤルことやってから言え。あとフェラが終わったらご飯やるよ。

 

父親が外出した隙に、ナナは家を飛び出した。

 

冬の雪が降る夜、行くあてもなくフラフラしていると、1人の男性が声をかけてきた。

 

大丈夫ですか?一緒に警察にいきましょうか?

 

嫌です!そう言うと、ナナはそのまま気を失ってしまった。

 

目が覚めた時には先ほどの男性の家におり、男性はご飯を用意してくれていた。

男性は石川と名乗った。

 

ナナは男性の優しさを素直に受け取れなかったが、お腹が空いていたのでご飯をたべることにした。

 

食べ終わったナナは、

 

ご馳走様でした。私はナニをすればいいですか?

セックスさせれば満足ですか?

 

そういうと男のズボンから勃起したチンコを取り出し、フェラを始めた。

 

いいから黙って任せてください。

男の人はここが気持ちいいですよね。イっていいですよ。

 

え・・でもッ、あぁっ・・気持ちいいッッ・・イク・・!

 

石川はそのまま射精し、ナナは精子を飲み込んだ。

 

濡れたので挿入れていいですよ。

 

フェラが終わったナナはそう言い放った。

 

無料立ち読みはココから

おすすめポイントと感想

 

普段から性的虐待を受けていたナナにとってフェラもSEX男を満たすための道具にすぎないと思っている様子。

 

かなり淡々と事を運んでいく。

 

それに対して石川は戸惑いつつ、勃起して射精してしまう。

 

いやー石川は素直だねww

 

そういうことはしちゃダメだよ、とか一切言わないでナナに流されてるもんw

 

俺も同じ状況だったら、止める言葉をいって本当にやめちゃったらもったいないから流れに身をまかせるかもしれないwww

 

それにしても父親ひどいよなー。

 

娘のこと性的虐待するなんて考えられん。

 

まああの風貌じゃ誰も相手にしてくれないだろうから仕方ないのかもしれないけどw

 

無料立ち読みはココから