NTR

【エロ漫画】爆乳人妻と寝とられ限界セックス:2話ネタバレ

 

爆乳人妻と寝とられ限界セックス~主人が横にいるのに気持ち良すぎて抗えない・・・~

俺が見たことのない彼女-2

 

私のカラダのことよく覚えてる・・。

昔を思い出しちゃう・・

【エロ漫画】爆乳人妻と寝とられ限界セックス:1話ネタバレ【エロ漫画】爆乳人妻と寝とられ限界セックス:1話ネタバレの紹介。私・果南子は友也と婚約している。私の両親への挨拶を済ませ、後は友也の家に行くだけだった。緊張しながら家に行くと、昔セックスしたことがある男が婚約者のお父さんで…!NTRエロ漫画...

 

「爆乳人妻」を無料試し読みする

2話ネタバレ

 

果南子は誠があまりにも自然な態度だったので、気づかれていないと思い安心した。

しばらく話をしてトイレから戻ると、友也はお酒を飲みすぎてもう寝ていた。

 

今のうちに同居はしたくないことを伝えておこうと思い、誠に話をした。

 

ははは、僕も新婚さんの邪魔するほど野暮じゃないよ。

それに息子も、婚約者を抱いてた男とは一緒に暮らしたくないだろう。

 

・・やっぱり気づいてたんですか。

 

そりゃ何度も抱いた女の子だから覚えているさ。

友也に知られたくなかったら、今晩1日だけ前みたいに抱かせてくれないかな?

 

そう言い、誠は果南子の服のボタンを外し、ズボンとパンツを脱がせた。

 

相変わらずオシッコの拭きが甘いね。ツンとした匂いとエッチな匂いがしてるよ。

綺麗にしてあげるよ。

 

誠はクリトリスや膣を舐め、指で中を刺激し始めた。

 

(この人私の弱いところまだ覚えてるんだ・・あッもうイキそう・・!)

 

あぁ疲れた。年には敵わないね。

 

誠は急に動かすのを止め果南子は寸止めをくらい、じれったい気持ちになっていた。

 

次は精子の量もチェックしてもらわなきゃね。

昔みたいに口でゴムをつけてくれる?僕のを全て加え込めるのは果南子ちゃんだけなんだ。

 

果南子は誠の大きなチンコを口に咥えこみながらゴムを装着した。

 

本当にいいのかい?過去の話じゃなくなって戻れなくなっちゃうよ。

 

果南子は心の中で、セックスするよりも友也にバレた方がいい、きっと許してくれる。そう思った。

 

い・・いれ・・

 

「爆乳人妻」を無料試し読みする

見所シーン

 

果南子が寸止めをくらって目に涙をためているシーンと、

誠の大きなチンコを咥えながらゴムを装着するシーンだね。

 

両方、エロすぎ。

 

誠はテクニックありすぎだし(大人の余裕?)、

果南子は7年前とか言いつつちゃんと体が覚えてるあたりすごい。

 

エロい女にはエロさを仕込んでくれる人がいるってことだね〜

 

「爆乳人妻」を無料試し読みする

感想

 

もし俺の彼女が昔父親に抱かれてたとしたらむっちゃ嫌だ。

 

しかも父親の方が相性が良かったらまじ無理w

 

自信なくすw

 

婚約なんてまじで無理。一生隠して欲しい。

 

だけどこうやって寝てる前でもセックスできちゃう女だからな・・。

 

これからも関係が続いていくに違いない。

 

女ってこえーw けど、続きがきになるw

 

「爆乳人妻」を無料試し読みする