エロマンガ

あがり症な巨乳先生【エロ漫画】1話ネタバレ&無料立ち読み紹介

 

あがり症な巨乳先生 ~私の教科書をエロ本にすり替えないで~

第1話:あがり症な巨乳先生 ~私の教科書をエロ本にすり替えないで~

 

臨時講師として男子校生の保健体育を担当することになった霜月ルナ。

生徒の冗談を真に受けてしまい、自分の体を使って授業をすることになって・・!?

 

無料立ち読みはこちらをタップ

1話ネタバレ

 


臨時講師の霜月ルナ。

臨時とはいえ、先生になれたことが嬉しくてクビにならないようにと張り切っていた。

 

それでは教科書を開いてください。前回の続きはどこからかな?

 

85ページでーす!

 

男子生徒達はニヤニヤしていた。

そのページは、女性の乳房や女性器などの形が細部まで写真で記載されていたのだ。

 

(初日からこんなページなんて・・!)

 

私は顔を真っ赤にし、パニックになっていた。

 

ルナ先生ー!先生のカラダで説明してくださーい!

 

授業ができなければクビになってしまうと思った私は、男子生徒の冗談を真に受けてしまい、ブラを外して乳房露わにした。

生徒達はまさか見せてもらえるとは思っておらず興奮していた。

 

・・これが女性の乳房です。

(みんなの視線が熱くてゾクゾクする・・)

 

次のページには、女性器と自慰行為について書かれていた。

私は教卓に足を広げて腰掛けパンツを脱いだ。

そして生徒にみられながら膣やクリトリスを広げ説明をした。

次は自慰行為についてだった。

 

先生、実際オナニーやってるとこ見せてくださーい!

ちゃんとイクとこまで見せてねー!

 

生徒の熱い視線に負け、私は膣内に指を入れて刺激し始めた。

 

みんなに勉強熱心ですごく見られてる・・!

どうしよう私気持ちよくなってる・・!

イっちゃう・・!

 

私は生徒の前でイってしまい、そこで授業のチャイムがなった。

 

次の日からは、生徒達の出欠確認と健康チェックをするようことになった。

健康チェックは男子生徒1人1人を射精させるというものだった。

 

私の顔や服は、生徒の精液でベタベタになっていた。

 

(みんなの濃い精子の匂いでおかしくなりそう・・)

 

先生ー、次オレね。でも俺手じゃ射精できないんだよね。

だからー・・。

 

感想

 

こんな先生いたら最高かよww

 

巨乳で言えばなんでもしてくれるってヤバい。

 

男子校夢あるわ〜www

 

思春期男子×新米巨乳先生は神の組み合わせだね。

 

しかも全員の健康チェックって、それだけで授業終わるやんw

 

授業しなくていいからまじでチェックされたい。

 

先生が天然でエロくてまじでおすすめだよ。


無料立ち読みはこちらをタップ